愛するアートが溶け込む静寂ホテル~コマネカ アット ビスマ~Soul of Bali, Heart of Ubud. | バリスクープ (Bali scoop)

マイマイウェブで旅しよう<現地ツアー予約サイト>
日本人取扱数No.1! バリ島内店舗数No.1! インドネシア・バリ島より最新情報発信中
愛するアートが溶け込む静寂ホテル~コマネカ アット ビスマ~Soul of Bali, Heart of Ubud.

愛するアートが溶け込む静寂ホテル~コマネカ アット ビスマ~Soul of Bali, Heart of Ubud.

BY hisss · 2019年10月4日


ウブドのホテルだったら渓谷沿いがおススメですよ。アユン川沿い(コモシャンバラ、アリラウブド、ロイピタ、サヤンにカユマニス。)もいいし、プタヌ渓谷沿いのヴァイスロイやカマンダル。だって、一番ウブドらしく森の中にどっぷりと身を置いて、深呼吸して全身マイナスイオンに包まれて人間生き返られるから。なんて言っていたのですが、いやいや!ウブド中心部にも驚く程静寂で…あ、川も流れていた、森の声が聞こえてくるホテルがあるんです…それがコマネカアットビスマ。

コマネカはビスマを含め現在5つのリゾートがあります。コマネカ アット モンキーフォレスト、コマネカ アット タンガユダ、コマネカ アット ラササヤン、コマネカ アット クラマスビーチ。絵画が大好きだったバリニーズファミリーが1998年にアートギャラリーを開いた後にホテルもスタートしました。一番初めのホテルが、モンキーフォレスト通りのど真ん中にあるコマネカアットモンキーフォレスト。次にタンガユダはサヤン通りを北上したところにある森のリゾート。以前私の人生初のトレッキング、タンガユダ出発のトレッキングに参加したことがあるのですが、ホテルのすぐそばは本当に一面の緑、山あり小川あり田んぼのあぜ道もあり…大きな大きな風景が広がっていたのでした。ラササヤンはモンキーフォレストと同じく、モンキーフォレスト通りにありますが、奥へ進むとこちらもとても静かなウブドのホテル。そして一番新しいのがサヌールよりのギャニアールにあるクラマスビーチ。どれもその土地の空気にコマネカの愛するアートが溶け込んだ素敵なホテルなのです。

ウブドの街の中心部、王宮や市場からもすぐ、のウブド・ビスマ通り。いつも混んでるステーキ屋さんがある通りでもあります。(笑)

ウブドのホテルの中でここが一番好きなロビーかも。

渓谷の風がこんなにも心地よいものなのかと感じられる場所。

ロビーのバーにも座りたくなる。

そしてこの水の向こう。

何故か足が勝手に吸い寄せられて…

広がる風景を覗くと凄いっっっっ!!!てなるのです。

部屋のカテゴリーは、ビスマスイート、ファミリースイート、1ベッドルームプールヴィラ、2ベッドルームプールヴィラ、ビスマレジデンス(3ベッドルームヴィラ)があります。おススメの2つに絞ってご紹介します。

●ビスマスイート

スイートということで本当にゆったりと広い部屋です。

バスルームも同じく広々と。広すぎるといってもいい。。。

そしてなんといってもこの部屋の特徴は森ビューのバルコニー部分。

こんなにゆったりとしたバルコニーのホテルってあったかなぁ…?見たことないな。。。ベッドチェアーも2台が置ける広いーーーいバルコニーはずっといたくなる!時間が経つのを忘れてしまいそうな空間になっています。

●1ベッドルームプールヴィラ


ホテルの色んなところで見かける、コマネカのバティックは本当に素敵。

オープンエアーのリビングエリア。

水の音を聞きながらのんびり寛ぐ。。。

いいですねーこのソファ。引きこもりに最強。

一番好きな風景はここ。

ウブドの夜は真っ暗に。。。

そしてスパやプールもこの場所ならではの風景を作り出します。

メインプール。

レジャープール。

スパ

流れる川はすぐそこに!せせらぎを耳にしながら受けるスパトリートメント。やっぱりスパはウブドだな。決定。この景色に勝るものなし。

レストラン。朝食はここで頂きます。

バリニーズアートの発祥の地、ウブドらしさが小さなものまでにも散りばめられたコマネカスタイル。ロビーのテーブル、かけられた布、家具などの木々、所々に置かれる絵画や美術品…アーティストが選んだアートがホテルを完成させたのがコマネカ。すごくウブドにいる!って感じられます。100%のウブドの緑も街歩きの楽しさも両方楽しめるのがコマネカ アット ビスマです。

 

 

~Soul Of Bali, Heart of Ubud~

コマネカ アット ビスマ KOMANEKA AT BISMA

・2019年10月現在の情報です。



こちらの記事もどうぞ


ランキングに参加しています!クリックお願いします!


© 2019 MaiMai Web All Rights Reserved.