アメッドのエリア別紹介 おすすめホテル3選 その3~リパ村編~ | バリスクープ|バリ島観光ツアーの予約ならマイマイウェブ(MaiMaiWeb)

マイマイウェブで旅しよう<現地ツアー予約サイト>
日本人取扱数No.1! バリ島内店舗数No.1! インドネシア・バリ島より最新情報発信中
アメッドのエリア別紹介 おすすめホテル3選 その3~リパ村編~

アメッドのエリア別紹介 おすすめホテル3選 その3~リパ村編~

BY 英理子 · 2020年6月30日


バリ島東部、アメッドから英理子です。

前回に引き続き、アメッドエリアの各村の宿3選を続けますね。
(前回まで記事はこちら。)

その1~バニュニン村編~

その2~レアン村とスラン村編

今回は、その次のエリアで、リパ村から。

● ビエナビーチリゾート(Vienna Beach Resort) 

2019改装、経営者変更になりました。(8,000円くらい) リパのシュノーケルポイントまん前の10部屋の老舗宿が、若手に経営陣を変えて、プールも作り少し洒落た感じになりました。

(取材時6月22日も コロナ渦ですが、かなりの人で賑わってますね。)

海辺に出た、ジュクン(舟)を改造したテーブルや、古くからのそのままの熱帯植物が大きく育ってていい感じ。

建物の外装は昔のままなので、すごいこってりのバリ建築。

s 

ビーチに沿って、各部屋に続く小道の両サイドも緑が生い茂り、よく手入れされたお庭です。

庭から一歩でると、そこはもう砂浜、取材時は満潮だったので水まで1m。右側の岬の前はシュノーケルポイントです。

南の島感いっぱいのレストラン。

プールは10部屋のお客様にはとても無理な小ささですが、深さは結構あるようです。

朝食は、一人 Rp 115,000で、アウトサイドのお客様にも提供可能でしたよ。

いかにも田舎な感じのフラットオムレツとエッグベネディクト。味は、「ま、こんな感じねー」でしたが、潮風に吹かれながらの朝食は気持ちいいですね。

客室に移動して、一階のお部屋前のポーチです。

部屋の壁は昔の竹編みのものを、大胆に緑のペイントをしてあります。(オレンジ色のペイントの部屋もあり。)

バスルームも昔ながらのバリのまんまをちょっとアレンジしてあります。

この日は2Fのお部屋が満室で写真撮れずでしたが、2Fからはもっと海がよく見えます。

また 敷地内にダイブショップ ホワイトサンドダイバーズが併設。リパの浜に面した他の宿は、部屋から海が見えるとこ少ないので、このビエナビーチリゾートは貴重です。

 

●オーシャンリゾート (Ocean Resort)

2019年オープンの海前12部屋のアパートタイプの宿です。 (Google ででてくる写真は、前々回にご紹介したアメッドドリームの写真がでてくるので、気をつけて下さいね。)

ここはバロンカフェと同オーナー、バロンカフェもなんですが、値段設定が安い! このお部屋で3,000円くらい。確かに、「んーなんでこここうなん?」っていう日本人的には不思議なセンスのとこがあるんですが、プールは大きいし、大きい石のビーチですが海にもでれます。


プールめちゃくちゃ大きいです。 エントランス(道路)が4階に位置する部屋で、上に5階をもう一階建築中、プールや海に向かって1階へと降りていく形です。

それぞれのフロアー共有の広いテラスでつながってて、それぞれの部屋の前に椅子がおいてあります。

あーこの感じがお得な価格の理由なお部屋センスですが、まだ新しくてきれいですし、手頃に価格抑えたい旅の方には絶対おすすめ。

タイル貼って作ったバスタブもありますよ。

テラスからは気持ちよく海が見渡せます。

●ザ グリヤ ヴィラス (The Griya Villas & Spa) 

2012年オープンのアメッドエリアで唯一の5スターの全室プライベートプール付きのヴィラです。

4室の1ベッドルームヴィラ、9室の2ベッドルームヴィラ、1室の3ベッドルームヴィラ 群で、ちゃんとしたパブリックスペースもあり、大きな外部からの利用も可能なレストラン、プール、サンセットバー、スパ、ブティックが併設されています。

ヴィラ内装は、高級感のあるシックな感じで、南部の高級ヴィラと同じ感じではありますが、バリ島全体で考えても、ヴィラの部屋で、海から出てくるサンライズが拝めるのは、ここぐらいしかないのじゃないかなと思いますよ。

まずは到着してお迎えしてくれるレセプションです。レセプションもコロナ渦でマスク着用。

客室に行くには、また随分と坂を上らないといけないので、バギーに乗り換えです。

バギー降りた後さらに階段をのぼって、たどり着いた2ベッドルームのヴィラ。
各ヴィラは、専用エントランスとなっていて、正面以外は塀に囲まれています。

庭を通り抜けて、まずはリビングダイニングキッチン。キッチンはフル装備でエスプレッソマシーンも設置されてます。

このLDKのルームは寝室とは別棟になっているので、グループで来て、寝たい人は寝て、起きてる人はこのリビングでーーーと自由に過ごせそうでいいですね!
(ただ一つの難点は、このLDKにはトイレがないので、ベッドルームに行かないといけない…)

寝室&バスシャワーは同じタイプが2部屋、それぞれ専用の入り口で。

さすが高級感あふれるクローゼットコーナー。

2ベッドルームヴィラのプライベートプールは、4X7.5mです。

海を見渡す丘の上に建っているので、右手には山、左手正面は海、おそらく朝陽はほぼ正面から出てくると思います。

半屋外な雰囲気のバスルーム、とっても広いです。
トイレがなぜか入り口から一番遠く、シャワーの奥までいかないといけないのが、ちょっと不思議。

バスタブも高級感のあるタイプです。

ヴィラから降りてきて、レストラン側へ。

めったに人の泳いでいないパブリックプール。残念なことにこのプールからは前に背の高いバンガローが出来てしまい景色がなくなりました。
だから提灯吊ってみた?(笑)

レストランでは、プール前に座らずに、どんどん奥に進んでいくと、開けた景色の眺めいい席があるので、ぜひこちらへ。 テーブルのタイルも可愛い。

スパルームはこの開放的なタイプと室内のタイプとあります。

宿泊者は無料でジムも使えますよ。

ダイビングやシュノーケルしながらも、ちゃんとしたヴィラステイをしたいーーという方にお勧め!

アメッドエリアで率なくきちんとした、プライベートプール付きのヴィラは、このザグリヤだけです。

またこのエリアには、リパビーチに面した大きめのホテルCORAL VIEW VILLAS やHidden Paradice などもあるのですが 、コロナ渦で、どちらも閉鎖されているので、またそのうちに。

 

それではまた次回はブヌタン村のご紹介いたしますね。

 

・記載の情報は予告なく変更となる場合がございます。



こちらの記事もどうぞ


ランキングに参加しています!クリックお願いします!


© 2020 MaiMai Web All Rights Reserved.