バリ島は川下りも楽しいぞ~!~ラフティング・トラガワジャ川~ | バリスクープ (Bali scoop)

マイマイウェブで旅しよう<現地ツアー予約サイト>
日本人取扱数No.1! バリ島内店舗数No.1! インドネシア・バリ島より最新情報発信中
バリ島は川下りも楽しいぞ~!~ラフティング・トラガワジャ川~

バリ島は川下りも楽しいぞ~!~ラフティング・トラガワジャ川~

BY みなっしー · 2019年11月5日


今の季節バリ島は乾季→雨季の変わり目昼間はカラッと暑く+夕方から涼しい+雨が少ない最高の季節。
森林浴もできちゃうラフティング(川)も人気でめっちゃ楽しいのですよ♫

MaiMaiWebで販売しているラフティングは、①アユン川②トラガワジャ川があります。何が違うの?思いますよね。
①アユン川は、ウブド地区を流れる比較的フラットな川で何箇所か滝を見ながらの川下り、ラフティング終了後・ウブド観光もできちゃいます。(参考:ウブド大満喫ツアーhttps://maimai-bali.com/tour/49)

②トラガワジャ川のラフティングは、バリ島の最高峰アグン山の清流が流れており大小さまざまな急流が続くエキサイティングなコースとなります。今日は、トラガワジャ川のラフティングにレッツゴーー!

この坂を下ると受付があります。写真は周囲のジャングルが写ってませんが、いい感じで森に囲まれ空気が美味しいです。

バンブー屋根でエコだわ~受付をしましょう。日本語スタッフがいないですが名前を言えば大丈夫!

しばし放置されたので(汗)…注意事項のイラスト見たり・この川下るのかと眺めてました。(笑)

日本語の案内書を渡されます。スタート前に必ず読みましょう。

2時間程の川下りとなります。こちらでトイレをすませませて・着替えは更衣室がないのでホテルから水着を着てきた方がいいです。着替え等の荷物は黒色のスポーツバック(左)に入れフィニッシュポイントまでスタッフが運んでくれます。貴重品(携帯・カメラ・お金等)は、白の防水バック(右)に入れて一緒に川を下ります。途中・休憩ポイントで滝をバッグに写真撮影ができます。どちらも他の方と同じバッグに入れるので、自分の分はスーパーの袋に入れてからバッグに入れるといいですよ!

ラフティングって「水着だけ?」、「何を着ればいいの?」と、思いますよね。意外と日焼けするので水着の上に長袖Tシャツ+短パン+ヒールではないサンダルがお勧めです。毎日川を下ってるインストラクターは、こんな感じです。(確かみなっしーが10年程前に参加した時のインストラクターと同じ方でした・超ベテランで安心。)

スタッフが、自分に合ったサイズのライフジャケット・ヘルメット・パドルを用意してくれます。

出発前に、インストラクターからパドルの漕ぎ方・注意事項の説明があります。簡単な英語と、日本語を少し交えて話してくれます。パドルを前から漕ぐ時は「まえこぎー」、後ろからは「うしろこぎー」、のような感じなので、英語ができなくても心配ありません。

さあ、準備ができたら川下りに出発!!

最初は、おっかなビックリで少しの流れでも「きゃ~~」とか「あれ~~」とか叫んでますが、すぐに慣れて友達と大笑いしながら川を下っていきます。大笑いしすぎてパドルを漕ぐのを忘れ、インストラクターから「1人で漕いで疲れたから、自分達も漕ぐように」と、言われちゃいました…(ごめんちゃい!)

コース途中の大きな滝のに、お約束の「滝修行の洗礼」を受けてから休憩です。休憩ポイントでコース半分位です。(写真は他社のボートです。)

しばし休憩の後、後半戦へレッツゴ~~! (休憩ポイントではソフトドリンク販売もあります。)

後半戦は、少しなだらかな川を下り…その後は、メインイベント【傾斜90度落ち】へ…「ぎや~~」と叫んでいる所を、カメラマンに撮られます。(汗)余裕があればピースサインでスマイルしてみて下さい。みなっしーは、3度目ですが「ぎや~~」でした…(写真ソベック提供。)

そろそろフィニッシュポイントに到着。スタフが数名ボートを運ぶために待ってます。

ここで川から上がり、さあ!階段を登りましょう。ラフティング後の階段はキツイですが、周りの景色が綺麗なので是非景色を見ながら登りましょう。

インストラクターも一緒に階段を登ってくれて、カカオの木を教えてくれました。インドネシアはカカオの産地なんです。

階段ばかり見てないので、この絶景も見て下さ~いね。

階段のゴールはレストラン・やっと見えてきました。お腹ペコペコだけど、先にシャワーを浴びます。

シャワーを浴びてさっぱりした後は、ブッフェランチでエネルギー補給しましょう。無料のコーヒー・紅茶もあります。

食事をしていると、担当してくれたインストラクターが席にきて「食事が終わったら送迎車でホテルへお送りします。私はここでお別れです。」と挨拶に来てくれました。今日はパドルを漕ぐのをサボってごめんなさい。ありがとうございました。

海も楽しいですが、森林浴をしながらラフティングも楽しいですよ~~。

アユン川・ラフティングは、ファミリーパッケージ(大人2名+子供7-15才2名)ご家族で利用できるお得なパッケージもあります。

ソベック・ラフティング(アユン川)は↓↓をチェック
https://maimai-bali.com/tour/113

ソベック・ラフティング(トラガワジャ川)は↓↓をチェック
https://maimai-bali.com/tour/114

・記載の内容は2019年10月現在の情報となります。



こちらの記事もどうぞ


ランキングに参加しています!クリックお願いします!


© 2019 MaiMai Web All Rights Reserved.