アメッドのシュノーケリングポイント一覧! | バリスクープ|バリ島観光ツアーの予約ならマイマイウェブ(MaiMaiWeb)

マイマイウェブで旅しよう<現地ツアー予約サイト>
日本人取扱数No.1! バリ島内店舗数No.1! インドネシア・バリ島より最新情報発信中
アメッドのシュノーケリングポイント一覧!

アメッドのシュノーケリングポイント一覧!

BY 英理子 · 2020年11月30日


バリ島東部・アメッドから英理子です。
私はシュノーケルやダイビングの聖地のアメッドに住んでいるので、きっとダイバーさんなんだろうな?と思われる方が多いのですが、実は海は見るだけ派なので、一年三回海水に濡れるか濡れないか…というもので、ダイビング経験は人生で一回だけという。。。
なので、全くシュノーケルはじめてさん、なおかつ体力ない、泳げない人でも簡単に出来るし、簡単に見えますよという情報です。
海の中はきらきらで、見ずに死ぬのはもったいないので、ぜひ一度は!

また、はまって極めたくなる方も、スキンダイブやフリーダイブ また機材つけてのダイビングなど本格的に学べる場所がアメッドにたくさんあります。(そのお話はまた後に…)

アメッドエリアで簡単にビーチからエントリーできるポイントとして、下のマップの4つ場所が適しています。

()の中は、それぞれビーチエントリーする場合の拠点にするお勧めのレストラン。
シュノーケル後にシャワー借りれたり、荷物預かってもらったりご飯たべたり出来るので便利。

●Jemeluk Beach ジュムルッ (Galang kangin日本人経営 またはVilal Coral Amed)
●Lipah Beach リパ (Vienna Beach Resort )
●Selang Beach スラン( Good Karama Bungalows)
●Japanese shipwreck日本沈船 ジャパニーズ・シップウレック (Kawikarma bungalows)

今回私は、うちのスタッフのジュクンが日本沈船のバニュニンニーチに停めてあったのでそちらからジュクンに乗って一気に4つのポイントに行ってみましたよ。

2020年のこの時の価格では舟は3人まで乗れて、4ケ所ホッピングでRp 350,000です。(3,000円くらい。)
・その他 目安で、私のしている宿のアクアテラスでの価格ですがフィンとシュノーケルのレンタル1日 Rp30,000、ライフジャケット Rp35,000、インドネシア語か英語のシュノーケルガイド Rp 150,000(2人まで)、でもガイドなしでも舟の運転手がだいたいのポイントで停めてくれるのでその辺り適当に泳いでも充分魚も珊瑚も見つけれますよ。

さて、話は戻って、ジュクンの出発するバニュニンの浜です。
ここは砂浜ではなく結構大きな直径10-20cmくらいの丸いごろ石のビーチです。
サンダルが砂だらけにならないのは嬉しかったりもする。

よこらっしょっとジュクンに乗り込んで、ガガーッと石浜を村人が押してくれての出発。
ちょっと斜面になってるのでジェットコースター気分も味わえます。

舟は日本沈船のポイントからジュメルクに向かって走っていきます!
しばらく進むと、「わーい!アクアテラスが見えてきました」、ここがスランの浜ですね。

さらに進んできてアグン山がみえてきました。

これは海側からみた、先日の記事でご紹介したラハンガンスイートのある山です。

さてジュムルッにつきました。ライフジャケットきて、どぼんと海に飛び込みます!
顔つけたらすぐこんな感じ。(写真は舟頭さんに撮ってもらったので、若干潜ってますが私はライフジャケット着たままでしたが、写真でみるより、もっともっと明るくはっきり見えましたよ。

この日はたまたまか、この付近は小さい魚ばっかりでしたが、足にあたってくるくらいいっぱいいます。

バラの花みたいな形の珊瑚が群生してるとこあってすごくきれかったのに船頭は写真撮ってくれてなかった(泣)なので、ぜひみなさんぜひ自分の目で見に行ってくださいね。

すごく巨大な青いヒトデ。

ジュムルッの海中ポスト。(今は機能していないと思われます。笑)

これも珊瑚がはえるように沈めたものでしょうね。

うっかりカメラの充電がなくなりリパの浜とスランの浜は写真撮らずで、目でのみ楽しむ。

リパもスランもいっぱい魚も珊瑚もあるし、ビーチからエントリーの場合で日数がかぎられてたらわざわざ違う浜に行かなくても、宿から一番最寄のポイントで問題なく楽しめると思いますよ。

ここから下の写真は日本沈船のポイント。

こんな浅いところのなんで船が沈んでるのだろう???戦争の頃にのってきて捨てたん?

ここもイソバナきれい!

舟のさびさびになったとこに珊瑚や藻がはえてて魚いっぱい。

最後に、私はうっかりジュクンに登る際のはしごのリクエストしていなかったので、一度飛び込んだあとは二度と舟に登れず(泣)(腕は太いが、筋肉はゼロの私には無理…60cmくらいを足かけるとこなしに水面から腕の力であがらなければまりません)で、もっと若い時は、無理からに船頭に引っ張ってもらってあげてもらっていましたが、それすると次の日に体中が痛くなるの経験済みなのであっさりとジュクンのアメンボのような竹の足に座って、引っ張ってもらって移動しましたが、そんなアホな事するのは私だけで充分なので、腕立て伏せの出来ない方は、忘れずジュクンチャーターする際には、必ずはしごをリクエストしてくださいね!

それではまた!



こちらの記事もどうぞ


ランキングに参加しています!クリックお願いします!


© 2021 MaiMai Web All Rights Reserved.