聖なる湧き水のお寺~ティルタエンプル~で沐浴体験! | バリスクープ|バリ島観光ツアーの予約ならマイマイウェブ(MaiMaiWeb)

マイマイウェブで旅しよう<現地ツアー予約サイト>
日本人取扱数No.1! バリ島内店舗数No.1! インドネシア・バリ島より最新情報発信中
聖なる湧き水のお寺~ティルタエンプル~で沐浴体験!

聖なる湧き水のお寺~ティルタエンプル~で沐浴体験!

BY ミーモ · 2020年9月18日


ウブド郊外にある由緒正しいお寺、ティルタエンプルは聖なる湧水の泉が有名な寺院。
魔王マヤ・ダナワと戦ったインドラ神が、大地を杖で突き刺し不老不死の水アムルタを湧き出させ、その水を兵士たちに飲ませて見事魔王に打ち勝ったという伝説もあります。

バリの人々がここで沐浴している姿がいろいろなガイドブックに掲載されていて、私ももう何度も訪れたことがあるお寺です。

が・・・
実はまだ一度もティルタエンプルで沐浴をしたことがなく・・・・。
考えたら撮影などの仕事で行くことがほとんどで💦

そんなワケでたまたまお誘いいただき、体験してきました、沐浴!

ティルタエンプルはウブド郊外のタンパクシリンという地区に位置します。

大きな木が生い茂ったその様子からは、長い時間の流れを感じさせます。

なかなか広いので見取り図を作成してみました。
順番はざざっとですが、❶お祈り→❷お祈り→❸沐浴→❹更衣室で着替え→❺お寺でお祈り・・・という流れです。
お祈りは3~4回ありますが、多めのチャナンサリ(お花のお供え物)とプジャティというお供え物を持参(プジャティは最後のお寺で使います)。

まずは入り口に一番近い祠でさくっとお祈りします(見取り図❶)。
ここでは神様にお寺に入る許可のようなものをお願いするそうです。

中へ進みます。
左手にある芝生の丘の上にはスカルノ元インドネシア大統領の別荘があります。
現在は政府要人のためのレストハウスとして使われてるとのこと。

大きなワンティランは、多目的で利用できる公共スペース。

沐浴場の前にある祠では沐浴前にまずお祈り(見取り図❷)。
ここでは神様に沐浴許可をお願いするそう。

この割れ門の向こう側が沐浴場です。

それでは早速沐浴場へ〜!
沐浴場は大きく分けて2つに分かれます。分かれ目となる真ん中にはゾウの大きな石像があります。

向かって左側。
沐浴はこちらからスタート!左から順番に始めます。

赤丸で囲んだところですが、他とちょっと違って後ろに石のつい立みたいなのがありますよね?
この2つは死者のためのものだそうでパスしないとダメだそうです。

水が冷たくないようにわざとお昼を狙って行ったのですが、それでも十分冷たい!!!
最初は歯がカクカク鳴りましたが、3つ目くらいから流石に慣れて爽快になってきました。笑
ちなみに沐浴の仕方ですが、顔に3回、頭に3回水をかけるのが基本だそうです。
でも皆様、結構大胆に頭を突っ込んでいます。笑

かなり賑やかな沐浴場。
満月や新月にはこれ以上に人が多いそうですよ〜。
服装は見た通りの感じで、男女ともに腰布&腰帯はマストです。女性はTシャツのトップが多いかな〜? 男性は上半身裸が多いです。

左側が終わったら、続いて向かって右側へ移動。こちらが右側です。

右側は左側とは逆で、石のつい立がついている3箇所のみで終了。

沐浴を終えたら今度はお寺でお祈りするためにバリの正装衣装に着替えます。

こちらが更衣室入り口(見取り図❹)。

ロッカースペースはこんな感じです。かなりたくさんありますね〜。
ロッカーは一つRp.5,000と有料。一つ一つが大きいので2~3人でシェアできます。

更衣室はざっくりと男女に分かれているだけです。写真手前のPRIAと書いてあるのは男性用の更衣室。中は仕切りがあるわけでもなく、いうならば大衆浴場の脱衣場のイメージ。笑

更衣室の近くにある神木の根っこはまるで化石みたいですごい迫力!

着替え終わったらお寺の方へ向かいます(見取り図❺)。

途中、鯉池がありました。
いいですね〜、聖水の中で暮らせる鯉。笑
注意書きに「池にコインを投げないでください」って書いてあります。確かにご利益あるように感じますよね。笑

お寺の入り口です。お祈りする人以外の立ち入りは禁止されていますので、観光客は入れません。

入り口の前にあった石碑は全てバリ文字。
一番上の大きな文字は「ティルタエンプル」 って書いてあるそうです。

奥の境内へ入る前にこちらでお祈りします。

お祈り後、奥へ進みます。

お祈りを待つ人たち。
お祈りの途中からは入れないため、終わるまで待たないといけません。お祈りの始まりから終わりまでだいたい1クール15~20分ほどでしょうか・・・

お祈りはまだできませんが、境内へは入れるため、ちょっと失礼して写真を。笑
境内の中も広々としています。

沐浴の後の清々しさと、爽やかな風、僧侶によるマントラ(お経)の声が響いてくるのがなんとも平和で心地よいです。
バリはこんなにも穏やかで素敵なのにな〜・・・・。
早くコロナが収束してくれるようお祈りします!

境内の隣には湧き水の泉があります。
インドラ神が杖をついて不老不死の水アムルタを湧き出させたという伝説の泉はやっぱりどことなく神秘的💗
目をこらすと泉底の砂が湧き水が吹き出ているため舞い上がっているのを見ることができます。

他のお寺とはかなり違った趣のあるお寺、ティルタエンプル 。
個人的にも私、このお寺好きなんですよね〜。
ツアーでも行けますので、機会がありましたらぜひどうぞ〜!

Tirtha Empul(ティルタエンプル )
Jl. Tirta, Manukaya, Tampaksiring, Gianyar
Open: 08:00~18:00

*情報は予告なく変わる場合があります。



こちらの記事もどうぞ


ランキングに参加しています!クリックお願いします!


© 2020 MaiMai Web All Rights Reserved.