ウブドの魅力満載のいいトコ取りツアー~ウブド8景~へご案内しま~す! | バリスクープ|バリ観光情報センターマイマイウェブ

マイマイウェブで旅しよう<現地ツアー予約サイト>
日本人取扱数No.1! バリ島内店舗数No.1! インドネシア・バリ島より最新情報発信中
ウブドの魅力満載のいいトコ取りツアー~ウブド8景~へご案内しま~す!

ウブドの魅力満載のいいトコ取りツアー~ウブド8景~へご案内しま~す!

BY みなっしー · 2019年11月12日


仲良しママ友(サトさん&カズさん)の初めてのバリ島旅行。「ウブドへ行ってみたーい!」、「バリダンスを見たい!」、「ブランコに乗りたい!」、いうバリ島旅行での希望を全て叶えるべく数あるウブド観光コースの中から、1日でウブドならではの厳選した8つのシーンを巡るツアー、~ウブド8景~へみなっしーがご案内。それでは早速レッツゴ~♥♥

8:30 オアシスラグーンサヌールのロビー集合、マイマイガイドのアルタワンさんと(ワンさんと呼んで下さい。)と出発!

サヌール地区のお隣、バトゥブラン地区でまず、【1景 バロンダンス鑑賞】。
バロン(Barong)インドネシアのバリ島に伝わる獅子の姿をした聖獣(バリ・ヒンドゥーの善)と魔女が変身した化け物ランダ(悪の象徴)が主役となってバロンダンスは繰り広げられます。
しかし今日ははすっごーいいい天気!

入り口で踊り子さんと写真撮影。ハイポーズ!

舞台右側のガムラン隊から、気持ちいい音色♫ のガムランが聞こえてきたらバロンダンス鑑賞スタート。日本語で書かれた説明書きを受付でもらいます。スタート前に読んでストーリーを照らし合わせて鑑賞できます。

最初にバロン” がガムランの音色に合わせ舞台を歩きます。

女性のダンスは華があります。バリダンスの特徴は、目を大きく開き・激しく動かすことで表情や感情を表し、小刻みに動かされる指先。真似できません…(汗)

出た~悪の象徴 “ランダ”。バリ島の子供はランダを見ると怖がります…。

バロンダンス鑑賞後、ガイドさんから「バリ・ヒンドゥー教の教えは善も悪も共存します。なので、バロンダンスはバロンとランダどちらかが勝つのではなく共存でしたね。」と説明され、なるほど・ガッテン!!と納得したところで、次の【2景 謎多き古代遺跡ゴアガジャ】に向かって出発。

チケット売り場(チケットはガイドが購入します。)短パン等足が見えている場合、無料サルン貸し出しあり。ママ友二人は長ズボンなのでスレンダー(帯)だけ着用。

階段を降りて象の洞窟へ向かいます。

階段を降りると広い敷地に、ヒンドゥー教祭典の準備で祭壇が設けられてました。

洞窟の手前の沐浴場。現在はあまり利用されてないですが、右と左で男女分かれてます。

ゴアガジャの名前は、ゴア(=洞窟)、ガジャ(象)の意味。洞窟前ではいポーズ。
(洞窟の手前、左右に祭壇があり近くで写真が撮れませんでした…。)

洞窟の中は左右に分かれてます。右側にはバリヒンドゥー教の三大神が祀られておりガイドがそれぞれの神様について説明してくれます。

見事な御神木の横を通り、更に下に行きましょう。

緑に囲まれ滝の音…マイナスイオンを感じます。

この神木の根を見て下さい「圧巻」の一言です。人間が小さいですよね~。

ロータス(蓮)の池がり、お花好きのママ友は「北海道にないわ~。」と写真をパシャ。まだ小さなつぼみだったのが残念…。

謎多き遺跡と言われる “ゴアガジャ”。その名の通り神秘的でまだまだ奥が深い遺跡です。深呼吸しに来ませんか…

ゴアガジャで沢山歩いた後は、【3景 オーガニック コーヒー農園】。(ウマ パケル・UMA PAKEL)
緑に囲まれ入り口から下ります。

コーヒー好きでなくても名前は知っている有名な “コピ・ルアック” ジャコウネコの糞から取れる未消化のコーヒー豆。ジャコウネコがいました。

ジャコウネコの糞から取れたコーヒー豆、マンゴスチンの皮、ジンジャー等…天日干しします。それぞれをこの後試飲しますよ。

昔ながらの焙煎方法で、コピ・ルアックの豆を煎ってたんですが、これが超いい香り♥♥

可愛いコーヒーカップを数えたら16個。16種類のコーヒーと紅茶の試飲ができます。最近バリ島のコーヒー店にある「アボカドコーヒー」を試飲。まったりとして美味しい!意外でしたがお勧めです。他にママ友に好評だったマンゴスチンティにジンジャーコーヒー…等々みんなで楽しんで試飲ができます。

どのカップが何味かは、カップを置いているボードに書いてあります。

ジャコウネコの糞から採取した “コピ・ルアック”をオーダー(有料 Rp65,000)。コーヒー好きのカズさんは「美味しい♥♥」と大絶賛。飲む価値ありですよ~。

そしてカズさんが楽しみにしていた “スィング(ブランコ)” (Rp200,000)。テガガランの絶景に、いってらっしゃ~い!

あれ、もう終わり?と思ったら、こちらを向いて座り直し。写真用に反対になるようです。

カズさん、気持ちいい~~~♪♪(気分はアルプスの少女ハイジ)…

ブランコ(Rp 200,000)をオーダーした方は、鳥の巣等のインスタポイントで写真撮影ができます。ブランコをオーダーしない方でインスタポイント写真撮影希望の場合、Rp60,000支払いが必要です…

インスタ写真を撮り終えたら…さて、【4景 絶景ライステラスの名所、テガガランでランチ】へ行きましょう~。(車で1-2分あっという間に到着。) バーン!棚田が広がってます。

ガゼボ席をゲット!テガガランの棚田、稲の緑が映え綺麗ですね。(逆光で顔が見えず…すみません…汗)

ランチは4種類のインドネシアセットメニューから選択、こちらは“ミーゴレンセット”。

“アヤムカリーセット”は、ココナッツミルクのマイルドなカレー。

ランチの後は【5景 森に囲まれた隠れた名所グヌン・カウィスバトゥ寺院】へご案内。テララガンの人混みとは打って変わって、森に囲まれた静かで厳かな空気が感じられる最強パワースポット。寺院の奥まで入るのでサルン(腰巻)着用です。(無料レンタル有)

バリのお寺には割れ門がありますが、この丸形の珍しいです。

まるで鏡のような透き通った湧き水の池。空気が張り詰めていて神秘的…。

聖なる水、沐浴場。

神秘の世界に触れた後は、ウブド中心部【6景 モンキーフォレスト】へ向かいます。以前は、ウブド中心部にひっそりある森のイメージでしたが、大型駐車場にチケット売り場が隣接、近代的なエントランスにビックリ!

遊歩道が整備され森林浴・マイナスイオンを浴びながら気持ちよくお散歩できます。スピリチュアルスポットとして有名なんですよ。

モンキーフォレストの奥には、お寺(左)大きなガジュマルの木(右)もありパワーをもらいましょう~。

お猿さんは、あちこちにいます。猿のオブジェの間に本物の猿が寝てます。(笑)

モンキーフォレストでリフレッシュした後は【7景 ウブド王宮】へ行きましょう。ウブド王宮では、毎晩・バリ舞踊が開催、夜のライトアップも素敵ですよ。

今でもこちらの門の奥でウブドの王族の方が住みロスメン(宿)を経営されてます。ご興味がある方は宿泊されてみは如何でしょうか。

ウブド王宮と通りを挟んで【8景 ウブド市場&フリータイム】があります。ウブド王宮でガイドさんと分かれフリータイムへGO~。ウブド市場は「ウブド王宮に面した2階建ての建物」と「昔ながらの露店」とあります。売っている物は同じなのですが、昔ながらの露店の方が市場という感じで好きです。

ウブド市場は、商品に値段が付いてないので言い値では買わずに、頑張って値段交渉をしましょう。値段交渉も市場でのを楽しみの1つです。交渉成立で店のおばさんも笑顔。お店の方は、値段を聞かれると「買う気がある」と思いすぐに値段交渉を始めます。みなっしーのマイルールとして「買う気がある商品の値段を聞くのは〇」、「値段だけ聞きたいはX」としてます。

途中、ジェラート屋で一休み。冷たいジェラートでエネルギー補給。

ウブド市場でお土産をゲットした後は、車で5分程のアラヤ リゾート内のプタニレストラン(PETANI RESTAURANT)でディナー。

バリの王宮料理、ナシラジャ(Nasi Raja)。真ん中の黄色いとんがり帽子は、ナシクニン。(ウコンとココナッツミルクで炊いたご飯)の周りにサテ(焼き鳥)、クルプック(揚げせんべい)、その周りにエビのサンバル和え、鶏肉のサンバル和え、野菜をココナッツとあえたもの、トマトサンバル(トマト味の辛味調味料)、小玉葱の生サンバル等…色々な種類を楽しむことが出来ますよ。香辛料も控えめなので食べやすくなってます~。

ナシラジャの前に、ポテトチップス、魚のすり身団子スープ。ほんのりココナッツミルク味の優しい味を召し上がれ。楽しい会話にデザートのフルーツの写真を撮るの忘れ食べてしまいました…(汗) 大満足のディナーでした。

ウブドは人気の観光スポットが沢山。ウブド地区内での移動なので移動時間もあまりかからず、効率良くウブド観光が楽しめちゃうお得感満載の【ウブド8景】。1日歩きますので、歩きやすい履物でご参加下さいませ。

厳選したウブドならではの8つのシーンを巡る1日  ウブド8 景
ツアー時間 8:00~22:00 (ツアー時間はホテルによって異なります。)

ツアー詳細・ご予約はマイマイウエブへ。

・こちらの情報は2019年11月現在のものです。予告なく変更になる場合もございます。



こちらの記事もどうぞ


ランキングに参加しています!クリックお願いします!


© 2019 MaiMai Web All Rights Reserved.